英語が出来なくても海外女ひとり旅をする方法

美容好きのエステティシャンが人に助けられながら旅行しているブログです。

【添乗員同行ツアートルコ旅行・8】カイマルク地下都市でアリ気分

トルコ絨毯屋さんで皆の懐具合にビビった後は昼食です。

 

この日はバイキングじゃなくて、カッパドキアの名物料理の壺ケバブ。

テスティケバブっていうらしい。

壺の中に肉とか野菜いれていく煮込み料理。

 

f:id:yukkoxxx:20180504111428j:plain

うん。普通に美味しい。

でも今までの中で感動する食べ物ってないな。

世界3大料理の1つがトルコ。

トルコの本気を見せてほしい。

今だったら和食が圧勝してしまうよ。

 

世界3大料理って言うと知ってる人と知らない人がいた。

知ってる?

 

中華料理・フランス料理・トルコ料理なんだよ。

 

和食は何で入ってないのかな??

不思議。

 

レストランのテラスが絶景☆

f:id:yukkoxxx:20180503142905j:plain

猫ちゃん。そんなところにいたら危ないよぅ(´;ω;`)

 

f:id:yukkoxxx:20180503143026j:plain

と、思ったら反対側が階段になってたんだね。安心したぜ。

f:id:yukkoxxx:20180503142942j:plain

 

 

 

それからカイマルク地下都市へ!

キリスト教がアラブ人の迫害から逃げるために作った地下都市。

地下8階まであるんだって。

f:id:yukkoxxx:20180503143149j:plain

アリになった気分です。

ここが地下なんて信じられん。

 

部屋と部屋をつなぐ道がこんなふうに中腰で進むからすごい疲れる。

おじいちゃん達大丈夫かな。

f:id:yukkoxxx:20180503143154j:plain

台所やワイナリーとか教会とかもあった。

 

長期間生活しないとだから必要な物はちゃんとあったし、外の敵からバレないように生活していく知恵とか敵が洞窟の中に入ってきたときの知恵とかもちゃんと整ってた。

 

 

今でも地下都市が見つかっているらしいので数年後にはカイマルク以上に大きな地下都市が見れるかもね!f:id:yukkoxxx:20180504095100j:plain

 

地下都市に行く時は中腰になったりするのでヒラヒラした服じゃなく方が

歩きやすかったです。

でも、地下都市の中にロリータ服をきている女子がいた。

汚れちゃうよ~~。

 

 

その後は、陶器の工房。

f:id:yukkoxxx:20180504095107j:plain

ササっと簡単にカップとカップの蓋を作ってて感動。

すごい。

簡単にやってるけどピッタリ蓋を合わせるのはすごい難しいんだろうな。

 

 

綺麗な皿3点。

f:id:yukkoxxx:20180504095129j:plain

f:id:yukkoxxx:20180504095131j:plain

f:id:yukkoxxx:20180504095125j:plain


どれが好き?

私は1番目かな。

 

 

お皿に絵付け。

私がカッパドキアに産まれたらこの仕事したい。

細かい絵を描いてたい。
f:id:yukkoxxx:20180504095128j:plain

トルコ絨毯に続き、コウちゃんはお皿も購入。

・・・・君。もしかしてどっかの御曹司ですか?

 

 

つづく

 

 

ブログランキングに登録してるよ!

ボタン押してくれたら順位があがのでよかったらお願いします。

 


にほんブログ村